やっぱ、世界を変えたいならこの会社だ

今回のInput

本のタイトル

【Microsoft 再始動する最強企業】

著者

【上坂徹】

キーワード

Microsoft・ポストスマホ・AI・MR(Mixed Reality)・20年以上に渡り時価総額Top5・知られざる事実

総括

2015年の秋と比べて、現在のMicrosoftの株価が二倍以上になっているのは知っているだろうか。
投資家は何を評価してこのMicrosoftに価値を見出しているのだろう。その答えをまったくもっていなかったし、GoogleやAmazonと比較して、Microsoftをイノベーティブな会社だとは微塵も認識していなかった。実際、多くの人のイメージは、MicrosoftはIT企業で、OSのWindowsやWordに始まるOffice製品を作っている会社だ、ぐらいの理解だろう。しかしながら、この本を通じてMicrosoftのことを知れば知るほど、とんてもない実力とポテンシャルを秘めた企業であるということがよく分かる。

本を読み終わった後に、Microsoftは実はこの世で一番働くことが面白い会社なのではないか?という思いすら起こさせてくれた。実際にどれだけすごいかは本を直接読めばいいと思うので、ここでは特に印象的だと思ったエピソードと感想をまとめる。

評価をその人が作り出したインパクトで行う。評価が文化を変えた話。

会社の目指す方向や文化・考え方が変われば、当然組織に求められる人材像も変化する。また、その求められる人材像を持つようなタレントを抱えるためには、そういった人材を評価できる仕組みが必要だ。Microsoftは当然のように、方向性を変えたタイミングで評価制度を変えた。従来型のどれだけ売り上げたか、どれだけ数を稼いだかと言った成果主義から、どれだけ社会や人、ビジネスや組織に影響を与えたか、というインパクト軸で人を評価するようになった。という話を聞いて、自分がどれだけインパクトを仕事で与えることができているか気になったと同時に、その会社や文化を知る上で、どのような人材が評価される会社ですか、指標の軸はなんですか?といった質問をするのが良いかもしれないなと新しい発見をした。

顧客主義に立ち返り、顧客価値を提供するためにできることを考える。

事業部制度の枠や会社(アップルやAmazon)といった枠を超えて、本当にお客様に価値を提供すればよいかを考えた対応。
かつては、Windowsのライセンスをどれだけ購入してもらえたかというスタンスだったのを、Windowsのサービス(クラウド)をどれだけ使ってもらえたのか?という考え方にシフトした。また、表面的には競合に思えるAppleやOracle、Linuxと次々に協業を発表しあらゆる側面でお互いの強みを活かし会えるような仕組みを作り始めている。Microsoft以外の企業からしてみれば、驚きである同時に、Microsoftの超絶な顧客基盤に乗れる素晴らしいチャンスであった。これらのコラボレーションを通じて、クラウドとしてのMicrosoftがあり、それらと同調して動くその他のアプリケーションといった形でクラウドサービスを提供するプラットフォームとしての存在感を一気に強固なものにした。また、これこそがポストスマホ時代の覇者になるうえで必要な施策だったとも言える。

派手なAIではなく地味なAI、人の生産性を上げることを目的としたAIの話

別に囲碁に勝つわけでもなく、クイズ選手権に出るわけでもないが、MicrosoftのAIは人の生産性を飛躍させることに主眼をおいてある。
例えば、PowerPointの作図や自動生成、並び替え、配色などを自動でやってくれるのもAI。もっとすごいのは人間が生産性を高めるためのAIとして、スケジュールやパソコンの操作履歴から、どのようなことに時間をさいているか、会議中にもかかわらず内職している(メールを送ったなど)といった情報を集めて、無駄な時間や無駄なメール、誰とコミニケーションが少ないか、など働き方を下院膳する施策をAIが本人に伝えるアプリケーションがエンタープライズでは導入されている。これは驚きとしかいいようがない。RPAで労働時間削減とかで、どうのこうのとかって次元じゃない。

Cortana がAmazon と協業、家からOfficeからすべての生活シーンに!

これはもっと詳細を調べる。とりあえずAmazonのスマートスピーカーとCortanaがつながるらしい。これにより家でもOfficeでもどんどんものがつながるのが加速していく未来が見えてしまう。車も、スピーカーも家電も全部。やはり、ビジネスでつかうアプリケーションを抑えちゃっているMicrosoftはやっぱりダントツですごい。Googleにアクセスするのだって、Windows端末がまだまだ大多数だ。

Microsoft すげー、そしてやっぱりAI勉強しないと

Windows,Office 365 ,Cortana ,Azure,linked in などなど全世界の他のどの企業も真似できないぐらいの範囲でMicrosoft がデータをリアルタイムで集めることができる無敵状態であることを改めて認識し、Bigdata・AIの先駆者としてこの企業なら次の世界・未来を作れそうと思ってしまった。そしてMicrosoft が出しているものを応用するのではなく、Microsoft 側に立って、次の世界を描き、次の世界を創り出す一人になりたいとつい、思ってしまった。さっそく、AIの勉強と実装をするため、ビジネスよりのAIの話と開発者よりの参考書を買った。

さぁ、早く世界に追いつかないと

プロジェクト仲間と改めて考え直したいマーケティングの本質

今回のInput

本のタイトル

【起業家マーケティングバイブル】

著者

【株式会社ウェイビー代表取締役社長 伊藤健太】

キーワード

マーケティング・グロースハック・サービス開発・価値提供・ストック型ビジネス

総括

あなたはマーケティングにどういうイメージを抱くだろうか、製品を売るためのキャッチーな広告を考えることや、2つ目無料!といったプロモーションの策定といったイメージでしょうか。本著はマーケティング、すなわち「お客様を守ること」「お客様を豊かにすること」であると言い換える、恥ずかしながら私自身は、マーケティングの本質や考え方を全く理解していなかったが、著書内で様々な事例や角度から説明されるマーケティングの本質的要素を通じて、自分たちの活動に置き換えた時にどう応用できるかを考えさせてくれた。感じたことを含めて、文中に出てくるキーワードから自身の理解をまとめる。

マーケティングの本質・正体を掴む。

企業の目的は売上を上げること、マーケティングの目的は売上を伸ばすこと。そう短絡的に捉えていないだろうか。確かに売上を得ることにより、サービスの質をあげることができ、結果的に顧客に対してよりよいサービスを提供できる、というのは事実ではある。しかしながら、そもそもの企業の存在意義は、顧客を喜ばせ、顧客を豊かにすることである。売上を目指すのではなく、どうしたらよりお客様を喜ばすことができるかを考えることが重要だ。

以下、著者のキーワード抜粋

  1. 会社の存在意義は、お客様の為になる価値を提供し、お客様を豊かにすること。そしてそれがそのままマーケティング
  2. 売り上げ = 自分が提供している価値に対する、お客様からの評価
  3. サービスを提供して、お客様のゴールを目指す手伝いをする。どれだけ顧客を守れているか・喜ばすことができているか
  4. サービスづくり自体を目指すのではなく、お客様の問題解決に目を向けること。
  5. 作為、不作為の殺人:営業活動をする理由を、自分が何もしないことでお客様に不作為の不利益を与えることになると考える

フォーカス一点集中してやり切る

あれもこれもやりがちだが、「稼ぐこと=お客様に対価を差し出してもらえる価値」をいち早く提供することに集中すべき。まず、一点にフォーカスし、そこから顧客の声や反応を機敏に察知し、自分たちの提供しているサービス改善せよ。そのためには、意味のある数値目標を掲げ、それを達成することに全力を注ごう。

以下、著者のキーワード抜粋

  1. 稼ぐことにフォーカスを当てて、小さく早く稼ぐ。
  2. いち早く走り始め、お客の声を聞く、改善を加える。それらの反応を見てどんなことがあるとよりお客様を喜ばすことができるかを考える。
  3. とにかくkpiを達成することを目指す。努力のみで達成できる指標の策定。意味のある、次につながる数字を追いかける。

お客様との付き合い方を定義し直す。

仮に一点集中型で対価をもらえる価値を提供できるようになったとしても満足してはいけない。サービスはいつも不完全なものである。顧客とサービスとの接点をより長く、継続的に顧客に価値を提供できるようにする方法がないかを模索しよう。また、顧客はベネフィットがあるからサービスに対価を払う。ベネフィットが提供できるポイントやタイミングを増やせないか、顧客との接点を増やす方法がないかを考え、あたらしいお客様との関わり方を模索しよう。最終的には、点で戦うフロー型のビジネスではなく、長期的にかつ継続的に付き合うストック型のビジネスへの転換を目指そう。加えて、長期的な視野を持つことで、現時点ではサービスを購入しなかったり、少額のみの付き合いしかない関係性でも、将来に続くロングランでの可能性をイメージできるようになる。眼の前の対価だけでなく、時間軸を伸ばしてもっと多面的にベネフィットを提供できないか再考しよう。

以下、著者のキーワード抜粋

  1. お客様と一生付き合う為にどうすれば良いか考える。中長期的にサービスを提供できる方法がないかを考える。
  2. 一点における価値の提供がすべてではなく、付き合い方をラインで考える。前後でどんな価値をさらに提供できるのか。
  3. 人がお金を払う理由は、ベネフィットである。ベネフィットを見直し、継続的に提供できる方法がないかを考える。
  4. フローから、ストックへ単発の付き合いから、長い付き合いにする。
  5. 一つのサービスに固執せずコアとなるビジネスに関連するサービスをどんどん展開すべき
  6. Aでは稼げなくても、Bでは黒字で、Cをやってる分で利益を出す。AとBとCで相互作用

ドーナツ型思考から逃れよ。モノの見方を変える

他の人と同じ考え方や物の見方、説明の仕方をすることをドーナツ型思考というらしい。ある物事に対して90%の人が説明する方法ではなく、変わった角度・視点からその説明をしたらどうなるか、このように考えることで人と違ったモノの見方をするとよい。これにより新しい発見、これまでに見えてなかった価値を見出すことができる。改めて自分たちのサービスの説明の仕方、価値の提供方法を見直してみよう

以下、著者のキーワード抜粋

  1. 逆張りの発想、お客様からしたら何が嬉しいことなのかを追求する、時間単位の食べ放題
  2. サービスに販売を促進するアイデアを組み込む:同窓会サービス+スポンサー→薬剤師の同窓会にリクルーターを紹介し、同窓会をスポンサーしてもらうなど

プロジェクト紹介

プロジェクト記録 備忘

簡単ではありますが、これまで筆者の活動について以下に記載させていただきます。
それぞれのプロジェクトの詳細については順次Updateしていきます。
活動内容は雑多ですが、一貫して自分で手を動かして体験することを大事にしています。

プロジェクト記録 一覧

  1. 自分用のブログ(yos-blog)の立ち上げ(https://yos-blog.com/blog/)
  2. Node.jsを使った自前のWeb-Chat作成(廃止)
  3. BLEを使った、指定の端末に近づくと打刻してくれるIOSアプリの開発(頓挫)
  4. CloudWorksでの記事執筆(https://crowdworks.jp/public/employees/1285958
  5. 侍エンジニア塾での講師(https://www.sejuku.net/
  6. ご縁野菜(http://goen-yasai.com/
  7. 臨床心理士のHP作成代行(http://www.k-counseling-tokyo.com/
  8. Phych翻訳の運営(https://psych-honyaku.sakura.ne.jp/entojp/
  9. NISAでの信託投資(継続中)
  10. 仮想通貨投資(BitCoin (継続中))
  11. 自然言語処理で、日本語で自然な指示を出せるChat-botの作成(未公開)
  12. Rennovatar株式会社のHP作成(https://rennovater.co.jp/)