中国人は何故プログラミングができる?

中国人 プログラミング 何故

上海生活×同僚(中国人エンジニア)

今更ですが自分はIT系の企業に勤めているので、上海事業所在籍の中国人はは情報系学科出身の人が多いです。

 

今回の話は、あくまで主観ですし(まぁそもそもブログなので主観ですが、、、)現在、自分が一緒に働いている中国人は6人しかいないので、全てがこうだ!というわけではないと思うのですが、日本人とは違うなーって強く思ったことがありました。

 

何故プログラミングができる?情報系だから?

 

もう一ヶ月ぐらい前ですが、チームで飲み会があった時に、中国人の同僚たちに、
  • 「何故、情報系の学科を選んだのか」
  • 「どうやってプログラミングと英語を身につけたのか」

ってのを聞いて見ました。

「何故、情報系の学科を選んだのか」の答え

  • 高い給料をもらえるから。
  • 仕事に困らないから
  • 親戚に上記の理由で勧められたから。
  • 元々興味があったから

 

という理由。この答えどうですか?自分は事情に詳しいわけではないですが、体感として日本人の多くは、大学や学科を選ぶ時に、「将来稼げて、仕事に困らないから」という理由で大学を選択しないですよね。どちらかといえば、「自分の受験した大学の中では偏差値が高くて、まぁ悪くないかな」程度の感覚だと思います。

 

とにかく
 ・情報系の大学に行けば、給料が高いという感覚
 ・大学を選ぶ時に、稼ぎ・仕事という視野がある
のが新鮮です。そして、次の質問

 

どうやってプログラミングと英語を身につけたのか

 

まず英語について

 

Me
何故、英語ができる?

中国人エンジニア
中学生の頃からやってたから
Me
ん?別にそれって日本も同じだけど、どうして喋れるの?どんな授業なの?喋る内容が多い?
中国人エンジニア
いや、学校は読み書き・文法ばかりだよ。
Me
ん?じゃぁ、どうして?
中国人エンジニア
自分で勉強したからかなー?

 

んーなんとも曖昧な返事・・・。と、ただここで思ったのは環境の違い。当然詳しくはわかりませんが、おそらく彼らが育った環境下(多分、中国の大学のトップレベル)では、喋れることが普通なんですね。だから、逆に言えば、特別に努力したという記憶はなく、普通に人並みにやってただけ。と。

 

日本人だと英語を堪能に使いこなすって、一つのステータスだと思うんですよね。なんか特別な人ができること。
みたいな。ただ、彼らにとっては、できるのが当たり前なんでしょうね。。そして、最後

 

プログラミングについて。

 

Me
何故、プログラミングができる?

中国人エンジニア
大学の学科でひたすら基礎知識を学ぶんだよ。それでベーシックのナレッジはつくんだ。
Me
まぁ、そうよね。情報学科だし。でもそれは日本も同じのような気がするが??

中国人エンジニア

そして、3年4年とマスターになっていくと研究室で、教授のプロジェクトをひたすらやらさせるんだ。教授が企業からもらってきたプロジェクトの手足となってひたすらプログラミングするんだ。実際の企業に使われるシステムだってあるよ。
Me
ほっほう。

中国人エンジニア

そして、大学のキャンパスのすぐ横に、IBMとかのオフィスがあって、そこでインターンさせてもらうんだ。インターンでは、実際の仕事で「彼らがやりたくないような面倒な仕事」例えば自動テストの作成とかをやったね

 

この回答に関しては、全員一緒。とにかく、大学中にIT系の会社でインターンする。
そして、実際の会社で行われるようなプロジェクトを教授が持っていて、それにアサインされている。
 なるほど、、、要は大学の1,2年で基礎を学び、大学の後半からプログラミングの実務経験をひたすらしてきているのか。。。

 

まとめ

(中国人エンジニアは何故プログラミングができるか)

 

  • 彼らは大学時代から将来を見据えて勉強を開始している。
  • 英語はできるのが当然という環境で育ってきたため、特別な努力をした記憶がない
  • 大学時代から実際のプロジェクトを経験しており、すぐ現場で使える能力を身につけている。

 

ここから感じるのは、単に教育に力を入れるのだけではダメで、やっぱり実用的かどうかってのが、かなりインパクトが大きいみたいだなぁ。。。

 

それでは、また

よければシェアして下さい!いろんな感想お待ちしております!

WordPress更新(アップデート)ができない!

wordpress yos-blo

WordPressを更新(アップデート)しようと思ったら。。

以下を聞かれて更新できない!!

 

「要求されたアクションを実行するには、WordPress が Web サーバーにアクセスする必要があります。 次に進むには FTP の接続情報を入力してください。 接続情報が思い出せない場合は、ホスティング担当者に問い合わせてください。」

 

のメッセージが出る。。前は出なかった気がするんだが、、

 

このサイトが詳しいです。

参考wordpress更新でftp入力画面が表示される場合の対処法/

 

結局、自分が選んだ選択肢は、これ

 

 

ちなみに、更新(アップデート)しないとセキュリティリスクがどんどん増すので随時更新(アップデート)するべきであるというのが一般的な見解です。まぁね。。

SEO対策(WordPress)って? 即やってみよう

Unicorn Wallpaper

やってみようSEO対策

正直、よくわかってない部分もありますが、やってみるスタンスを大事にしてるので、とりあえずググってみる。その中で、いくつかの検索した言葉でヒットした結果ページが以下だったので。読んでみて、試してみました。

 

やってみたSEO対策

SEO対策などをまとめてあって、プラグインの紹介もあるページです。

 

参考WordPress 独学者にありがちな9つの致命的な失敗

参考WordPressを高速化するキャッシュの仕組み

 

ここに書いてあることをベースに以下を実行してみました。
  • SEOツールの導入
    (要は検索エンジンのクローリングに読みやすいようにチェックしてくれる)
  • キャッシュの導入
    (Worppressがなぜ遅いかなども含めて、説明があってわかりやすかった)

 

SEO対策の結果は?

体感的には、SEO対策をすると検索結果が良くなるかはすぐにはわからない。

 

ただ記事を書いている時で、
  1. 『yos-blog』でグーグルで検索すると6番目。
  2. 『yos 上海』で1番
  3. 『上海生活 blog』だと45番目

 

ということで、将来この順位が上がってくることを楽しみにしてみましょう
(検索してみてもらえると嬉しいです)

 

ちなみにキャッシュは確かに表示が早くなる。→おすすめ
それではまた。

みてさわって動かして(自作チャット)

AWS Ec2で自作のチャット

いろいろな情報を元にNode.js +Socket.io+ bootstrap で構築してみました。結構前に試してはいたのですが、アウトプットとして発信できていなかったので再度行いました。

 

最終的な成果は、以下で確認して下さい。めっちゃ簡単で、機能不足もありますが、チャットです。

 

ログインボタンを押して初めて下さい。(ブラウザがsafariだとダメでした。。。)

 

ここをクリック(中止してます) yos-chat

 

複数ブラウザか複数タブでアクセスすると、通信が双方向に走るのがわかります。
片方でのメッセージを送ると、それが送られるとか、あとは現在チャットに接続している人数も出ます。ちょこちょこっといじってみて下さい。動作してなかったら、予期せぬエラーなので、コメント欄に書いて下さい・・)

 

今後もどこかで随時機能追加できたらなーと思ってます。 今回やったことをまとめると以下になります。

続きを読むみてさわって動かして(自作チャット)

AWSにアクセスできない

AWSインスタンス(EC2 Micro)にアクセスできない

FileZillaよりWordPressのテーマをUPしようとして、表題のエラー発生しAWSにアクセスできない!という問題に当たりました。
No supported authentication methods available (server sent: publickey)
で、そこから

参考インスタンスへの接続に関するトラブルシューティング

参考AWS – Disconnected : No supported authentication methods available (server sent :publickey)

参考on Filezilla AWS SFTP error Disconnected: No supported authentication methods available (server sent: publickey)

 

とかをいろいろ調べて試みるも解決せず。

 

そして落ち

 

・・・っていろいろ悩んだら。ファイル名間違えているよ・・・・
似たような名前で不要なKeyを保存してたのと勘違いしてました。
くれぐれもファイル名はわかりやすく、そして不要ファイルはすぐ削除しましょう!

 

とにかく何よりも書いてみる。

アウトプットすることが大事

Sydney Harbor Bridge

2016年の最後に

2016年の最後に滑り込みで書きます。ブログを書こうとして幾度なくつまづいてきました。
数ヶ月に一回なんか書きたい!と思うものの、いざ書こうとすると書けません。今年もなんども挫折しました。
これは、「うまく書きたい」「かっこいいこと書きたい」的な見栄が邪魔して、
かつ、面倒だなぁ、という堕落したい気持ちに負けて来た結果です。
仕事でも同じようなことがあります。
本当は、これがあるべきだと思うんだけど、うまく作れないな。。
これをやっとけばいいんだけど、面倒だな。
などなど。
アジャイルやプロトタイプが大事。
短期間でいろんな人の目にさらすことで、いろいろな見解や気づきをもらうことで、
どんどん良くして行くことが出来ます。
つまり、かっこわるくてもいい、スマートじゃなくてもいい。
ただ、やろうと思ったときにすぐ行動して、
アウトプットまで出す。
これがやっぱり大事だと思う。
本屋さんに行くといろんな本に書いてあります。

すぐやる脳を育てる。

すぐやる人が成功する。

実行力。

などなど。どちらかというと、インプットだけで満足しがちな2016年。
インプットも大事なんだけど、どんどん得たもの活用しないと駄目ですよね。
キャッシュを生んでくれるものが資産です。
と、ロバートキヨサキの本にも記載がありました。
これからは自分で簡単に稼げるセカイになる。
その条件がインターネットによって、もたらさせれている。
いろんな本に書いてあります。
よし、とにかく書ききった。今年もおつかれさま。
来年もがんばろう!

自分をもっと世界に公開しよう。

自分でHostするBlog公開!!

自分をもっと世界に公開しようと思い、まず一歩目として自分から情報発信することにしました。よろしくお願いいたします。今回は初めての投稿なので、このページ開設に何が必要だったかをまとめて紹介します。このページは、WordPressとAWSを利用して作成しているので、全体としては以下の手順が必要になります。

  • AWSアカウントの作成
  • WordPressのインストール

実は自分独自のブログサイトを公開するのはそんなに手間がかかりません。自分も今回初めて作成してみましたが、細かい修正を除けば4時間程度もあればつまづく点があったとしてもできてしまいます。以下、それぞれ参考にしたサイトを紹介していきます。

AWSアカウントの作成方法

これもそんなに難しくありません。Google検索で[AWS]と検索すると以下のサイトがTOPに来ます。
参考AWSへのリンク
上記からサインアップしてアカウントを作成するだけです。なお、アカウントの登録だけではお金はかかりません。また一年間の無料お試し期間が付いているので最初はそれで試すのがオススメです!

WordPressのインストール

これも結構簡単にできちゃいます。アマゾンがAWSでのWordPress利用を進めているみたいで以下のサイトを参考にして、上から順番に設定するだけです。
参考AWSでのWordpress設定方法

落とし穴に注意!

事前設定としてインスタンスを立ち上げて、セキュリティグループの設定をすませる必要があります。
インスタンスの作成方法は以下を参考にしてください。
参考インスタンスの作成方法
セキュリティグループの設定は以下を参考にしてください。
参考セキュリティグループの設定方法

どうでしょうか。意外に簡単だと思いませんか?
これができるだけであとはWordpressの本を一冊買ってきて自分の作りたいページを作れば、今日からあなたもWEBサービスの管理者です。
百聞は一見にしかず。とにかく手を動かしてやってみたらどうでしょうか。

つまずきポイント

  1. コマンドプロンプトからのファイル操作に慣れていないと、AWSで紹介されている操作について行きにくいです。そんな人は下記のサイトを参考にしてみて下さい。
    参考コマンドプロンプトでの操作方法
    参考Vimを使おう
  2. VimとかNanoとか分かりにくいテキストEditorが出てきます。以下のサイトを参考についでに使い方を覚えてみてはいかがでしょうか。
    参考Nanoを使おう
  3. ちなみにアイキャッチ画像は以下のサイトから利用しています。
    参考無料画像はこちらから