公文式の活用方法と子育ての方向性

おおたとしまさ著作の『なぜ、東大生よ3人に1人が公文式なのか?』を読んだまとめと感想

公文式とは

公文式とは、大学受験をゴールとして、効率的に計算能力を高めるために開発された方法論

学習要領に関係なく、ミニマムステップを高速で走り続けることにより、普通の子供を秀才(一つ先の学年の内容をスラスラ回答できる子)にするツールを提供。賛否両論あれど、学習塾のトップを走り続けており世界中で通じるほど浸透している、また東大生の三人に一人は公文に通っていた経験もある等、具体的な結果が出ている。

子供を公文式に入れる上での検討ポイント

  • 目的を明確にする。公文式はあれやこれやとやらない。学習要領を気にせず、ひたすらに計算能力を高めるための訓練のみを続ける。その過程で、勉強習慣、課題を乗り越える力を習得し、基礎を組み立てる。何を目的として公文式を始めるのか、親が意図を明確にしておく。
  • 関与する。公文式に限らずではあるが、特に公文式の性質上、子供の学習状況を理解し、勉強習慣を持たせるサポートが必要である。公文式に入れたから成功するのではなく、継続的に状況を把握し、デメリット(理解せずにパターン認知、こなすことが目的となり、学びの楽しさ、深さを体得しない)が顕在化するようであれば、軌道修正も視野に入れながら向き合う。

王道コースを目指しつつ、違いを活かす道を模索

著者の中にもあるが、出来るだけ早いうちに始めて、小4で中学過程を終わらせるのを目標とし、目的は勉強習慣の確立、計算能力の向上を目的とするのが理想、公文式をステップにして、中学受験し、難関校の塾にいれれば、王道パターン。ただし、あくまで子供のタイプによるので、王道パターンを第一案としつつ、乗ってこないタイプだと判断した場合は、通常の受験コースではなく、他者と違う経験(留学やホームステイ)をさせて、違いを活かした道に乗せる方式を検討したい。

EQマネジメント

下記のUdemy コースを受講したまとめ

Udemy 職場で使えるEQマネジメント

Emotional intelligence とは、感情の抑制を指すのではなく、感情や不快な感情に引き起こされる反応を理解し、適切に対処する能力を示す。 感情に引き起こされた反応は、しばしば目的の達成においては非効率であるため、その事象が発生した際に、意識して、論理的にすべき行動を刷り込む。資料や未実施事項を指摘された際、イライラしてしまうのは、非効率な例。議論を前に進めるために指摘の理由、具体化、改善の方向について議論できるように質問をするのは良い例。 職場の人間を観察し、EQが高い行動と低い行動を見つけ、Self-Awareしましょう。他者の感情とそれが引き起こす行動を理解し、自らの発言を意識しましょう。

30代は専門性

やりたいことが見つからず、立ち止まってしまう人に向けて(20代へ)

Input 記事

年齢で決め打て

プロスペクト理論を引き合いに出し、損をしたくない(無駄な努力をしたくない)から、なかなか行動に出ることができないのだ、と説く。その上で、キャリアのVSOP(variety,speciality,originality,personality)を意識して、まずはなんでもやってみなさいよ、そのことが30代での専門性を深めたいと思える領域が見つかる可能性が高いぞ。という。

記事内参考:キャリアのVSOP

自分に置き換えて

読んでいて納得する。内容が自分の行動指針に影響を与えた。書き方も軽快でサクッと読めるのが心地よい。自分は幸いにも、20代で、海外留学、海外旅行、ITエンジニア、コンサル、チームリーダー、転職、プロジェクトマネジャー、中国現地採用、といろいろ経験できたので、もしかしたらバラエティーには富んでいたかも。31でこの考え方に出会ったがもっと前から知っておきたかった。そうすればもっとアクションできていただろう。それと同時に良かったのは、先日、自分の専門性を深めようと決めたばかりだったということ。何か一つを選ぶのが怖い気がしたが、選ばないまま30代を終えてしまうともっと怖い。30代では、金融業界に軸を置き、自分の専門性を深めるために、資格試験の勉強と仕事に集中するぞ、と再度気合いが入った。

おすすめの人

何となく毎日を遊んで過ごしてしまう20代、やる気がなんとなく出ない30代前半に特にオススメの記事でした。モチベーションキープの一助になります。

すぐやる脳。48時間以内を目処に行動せよ。

結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

結果を出せる脳

上記の本を読んで、印象に残った点は以下。

1.行動を抑制する脳が発達している。
人間の脳には抑制を司る部位があるため、訓練しないと、抑制脳が働き、軽やかに行動できなくなってしまうという特徴がある。

2.習慣化の秘訣
特別なことをやる、と身構えるのではなく、散歩に行くような心持ちで、すっと行動を始める。気楽にスタート。無理な時はやらない。自分の脳や体の状況を鑑みて、その日のゴールを調整する。

3.ベストエフォート方式
三日目に続かなくても、四日目から再開する方がよっぽど良い。あ、またダメだったと思う気持ちを出来るだけ短くして、すぐに再開するのでも良い。

4.セレンディピティ
偶然の巡り合いを引き寄せる力。チャンスはいつも無茶振りでやってくる。

5.最悪の状況を想定しておくことがポイント
メンタル管理として、最悪の展開を考えて起き、最悪はこうしたら良いやという逃げ道を準備しておくこと。プランBを考えることができる力をリスクに向き合う資質があると言う。

6.締め切りを設ける
終わりを決めないと、制約が生まれないのでアクションできない。

感想・意見

読んでいるとワクワクする。頑張る気持ちになる書き方で読みやすかった。本文の内容は、つまるところ、「放っておくとどんどん億劫になる」のは脳の仕組み上でもそう。というように、他本でも言及されるような仕事術が脳科学的にも有効であると裏付けているという感じ。

例えばメールは見たら、即返信するとか、目標には必ず締め切りを設けるとか。ただ、逆説的に考えれば、脳科学的にも面倒になりやすいんだから、自分が行動を起こそうと思っても億劫に感じてしまうのはしょうがない。「みんなそうなんだ!」と割り切れる。だからこそ、億劫であっても行動することが大事だ。と再認識させてくれる本。

やる気はあるんだけど、なんとなく頑張れない。いまいち続かない人向け。
あるいは、やる気が出なくて思うような行動が取れない人もこの本をヒントにすることで最初の一歩が踏み出せるかもしれない。

本の整理は心の整理

そろそろ引越しなので、改めて本棚を確認し、必要な本と捨てるものを分けた。
ビジネス書を読むのが好きなので、ジャンルはかなり幅広い。自己啓発、金融、投資、マーケティング、コーチング、起業、プロジェクトマネジメント、アプリ開発、統計学、語学、などなど。

気づきは二つ。
1. 読んでいるが、内容を覚えているものがあまりない。
2. いろんなジャンルがあるのはよいが、あちらこちらに迷っているよう。

前者については、インプットしたのみでアウトプット(活用)してないのが原因か。なお、短期記憶を司る海馬から、長期記憶に移行するためには、2週間に3回以上使うと良いらしい。次から本を読んだらサマリーする習慣とその後のアクションを意識する。後者については、いろんなジャンルがあるのはよいこと。ただし、一つのジャンルで深掘りできてないのは問題か。広く着手する一方で、ある点においては深掘りしていく。T型人間を目指そう。

今回は80冊ぐらい一気に捨てるわけだが、なんか過去の自分と別れをするようで、若干寂しい。

過去の自分が、今の自分を形成しているのだと再認識し、そして、今の自分が未来の自分を創っていると、改めて実感。日々の努力の先にしか輝かしい未来はない!

勇敢である必要はない覚悟がいるんだ。

覚悟がいるだけ

高橋あゆむがこんなことを言ってた。チャレンジに勇気はいらない。成功するまでやるって覚悟するだけだから。

CFA目指そうか

いくつかの偶然が重なり、結構真剣に考えている。

この度、複数の理由から帰国して金融コンサルタントになるのだが、イマイチ具体的な目標を持てずにいた。32-3でManagerになり、35で再度、海外に出向、、といった感じはざっくりあるが、そのための明確な努力目標はなかった。仕事で頑張ればよい、成果出せば良い。それはもちろん。でも、それだけではいわゆる普通だ。特徴がない。

コンサルタントとして活躍・成功するためには、仕事上の一定の努力で叶うかもしれない、と可能性にかけるだけではなく、能動的にキャリアを構築する必要がある。

先日、債権の計算結果などを嫁に見せていたら、CFAの資格取得を勧められる。そして偶然にも別の機会に会計士や税理士の資格を取得することを勧められる。

そして、突然、思い出した。

小さい時からお金を数えるのが好きだった。シンプル、理由はない。なんか好きだ。それは今もそう。この直感で充分だ。

CFA(Chartered Financial Analyst )については、聞いたことはあったが具体的なイメージは持ってなかったが、日本人の合格者が1500人程度で、金融業界のグローバルパスポートと呼ばれているらしい。英語がNativeな人にも難関である、と認知されており、激ムズ資格。

それでも、このタイミングで始めるのも悪くない。まだ30前半。40になったら難しいだろう。

自分のキャリアを見据えると、まずは海外どこでも就職できるようになり、住みたい国で生活したい。そして、旅行するように生きたいと思う。そのためにも、努力する価値のある対象を見つけた感覚がある。

最速だと、以下のスケジュール。
2019年12月(Level 1) 31
2020年06月(Level 2) 32
2021年06月(level 3) 33

または
2020年6月(Level 1) 32
2021年6月(Level 2) 33
2022年6月(Level 3) 34

とにかく、今、巡り合った気がする。

CFAとは

https://www.cfasociety.org/japan/Pages/why_cfa.aspx
https://www.tac-school.co.jp/tacnewsweb/feature/feat201811_1.html
https://yuma-money.com/2018/06/exam/cfa/#CFACMA
http://kinyujob.com/cfa3/

上記の記事、参考にしました。ありがとうございます。

目標達成の秘訣

アリババ会長が語る

https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/alibaba-jack-ma-forum

記事タイトル:就活で30社落ちた中国のアリババ会長が、ダボス会議で語った意外な成功論

明日、成功したいと思っても、それは不可能です。来年までに成功したいと思っても。しかし、10年後に勝ちたいと思っているならば、チャンスがあります。 By 马云

目標達成の秘訣

直近のやるべきことは、重要視されやすいものの、長期的な目標に対しての努力やアクションは軽視されがちだ。しかしながら、偉業を成し遂げる人や経営者は長期的な視野やそれに対する行動の大事さを知っていて、律することができている。七つの習慣にもあったが、モチベーションコントロールとは、人が嫌だと思うことを実践できるかどうか。嫌だという気持ちを強い目的意識で服従させる。に尽きる。

一つ一つの積み重ねの先にしか、成功はない。日々努力。これに乗じて、今さらながら、今年の目標を記載。

昨年の振り返り

新年になると今年のやりたいことを箇条書きにはしているものの、その時の気持ちを文章にするのはしてこなかったので今年は書き出してみようと思う。30歳になった2018年は特定の目標に向かって、継続して時間を使うことができるようになった一年だった。HSK3級とHSK4級を取得するための勉強を行なうことでこの力を身につけたと思う。これを教訓にして、30代は特定の目標を短期・中期・長期で計画し着実に行動できるようにする。そうすれば、40・50でなりたい自分になれる。目標を達成するための方法論をいろいろ読んだけれども、一番参考になったのは与沢翼の本、とにかく一つのことに短期で圧倒的に努力する。

与沢翼:金をとにかく稼ぐことに集中し、その上でやりたいことをやればいい。

見城徹:売れた本がいい本である。売れない本にいい本はない。

Jack Ma:明日には勝てない。1年後にも勝てない。でも10年後ならチャンスがある。

ということで2019年でやりたいことを整理してみる。(いつやるか、具体的な目標は何かは、随時Updateしよう、、、)

2019年の目標

1.Web デザインの勉強をしっかりする。基礎を抑えた整った画面をデザイン・コーディングできるレベルを目指す)

2.コーチングの資格を取得する。(コーチングを受ける)ある程度、出費を覚悟して資格の取得に着手する。

3.債券を購入する。まずは読書・WEBベースで知識を取得する。そして12万-20万程度で買ってみる。(目標額を決める)

4.投資信託の金額を増やす。年間12万を倍にする(要相談)→楽天銀行口座を開設する→楽天カードで投資する→国内・海外インデックスごとで10000円ずつに変更→来年頭で積み立てNISAに変更

5.FXを始める。月のお小遣いをこれで稼げるようにしたい(月5万稼げたら最高)

6.英語の勉強をする。特に書く練習が必要。またNativeの早い英語でも聞き取れるようになりたい。何かしらの資格取得を検討(TOEICでもいい)

7.ご縁野菜を収益化できるようなモデルを考える。寄付(応援)や共同購入または副収入化によるモデルをどうにか考えられないだろうか

8.リノベーターの活動に参加し、報酬をもらう。WEB制作を始め、不動産管理・購入あるいは資金調達・ビジネスモデル創出に積極的に参加する

9.子供・幼児へのプログラミング教育のサービスを考えて行動に移す。アプリ制作・カリキュラム制作・記事執筆のいずれでも構わない

10.妻の教室のWEBでのマーケティングやローカルコミニティーでのマーケティングをする。実際にどういう風に何をやるかは話し合う

11.ベンチャー企業でのアルバイトをする(開発・ディレクション)内容はなんでもいい

12.ITアーキテクチャのインフラ周りの資格取得 or 証券アナリストのような金融系の資格の学び開始

さぁ、2020年の振り返りが楽しみだ

仮想DOMとSSR:知識

Input

https://arakan-pgm-ai.hatenablog.com/entry/2019/04/18/000000

最近の動向をわかりやすくまとめてあって、トレンドをなんとなく理解してる人にオススメ。非エンジニアでも読める。

Output

仮想DOMとは?実際にブラウザによって解析・レンダリングされるDOMは、HTMLを木構造で表した要素を全て含んでおり重い。またJqueryでDOMを操作すると、このDOMが再構築されレンダリング処理の一部が何度も動作する問題があった。そこで操作対象とされていたDOMを構築する前処理として、DOMを構築するのに必要な情報のみを保持する仮想DOMを生成し、実際のDOMへの反映は差分のみを行う。この仕組みがReact, Vueでは採用されており、高速に動作すると評価されている。

SSRとは?サーバーサイドレンダリング。サーバー側でレンダリングをすること。HTMLをサーバー側で作成するだけでなく、従来はクライアント側で動作していたレンダリング処理をサーバーサイドで実施して、ただ表示すればいいだけのHTMLをクライアントに渡すこと。

参考にしました

https://www.konosumi.net/entry/2018/08/25/020111

批判的な国民性?:記事感想

Input

https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1904/18/news053.html

記事タイトル:折りたたみスマホ「Galaxy Fold」、発売前に「壊れた」というレビュアー報告多数

上記を読んでの意見

Output

使い心地をレビューしてもらうために配布されたサムスンの折りたたみスマホが簡単に壊れたと指摘した評価が発売を前にして、数件報告された。

壊れやすいだろうと予測する人が多い中で、その思いを裏付けるようなニュース。実際、壊れてしまったようではあるが、サンプルがどの程度、配布されたのかわからない以上、鵜呑みにする必要はない。ただし、このような報道が出ることで、やっぱり壊れやすいらしいよ、と噂になることは日本では必須で、実態に沿わない評価がされかねない。

なんとなくの感覚値でしかないが、先進的な製品やサービスに対して、日本は閉鎖的で、失敗している内容の報道が好まれる。

批判的な態度は時にして大事だが、アメリカや中国のように最先端を開拓する国になるためには、このような批判的な国民性は阻害要因になっでいるのではないだろうか。

自らの過去説明が大事:記事感想

INPUT

https://ten-navi.com/dybe/5096/

この記事を読んで、事実、感想、意見を書く

OUTPUT

CTOの肩書きと過去の成功体験を捨てて、転職。チャレンジをする事で、自分のできることを増やした。

結局、成功している人の発言は似てくる。誰でもできるはずなのに、実行できてないアクションを積み重ねたから、その人が形成される。実際のところ、本当にこの考えを明確に持って行動したかはわからないが、後から振り返って、自分を説明できる点が大事。

チャレンジをした時の恐怖心をどのように取り去るか、何故チャレンジが大切がについての記載は独特だが、わかりやすい考え方、もし新しいことはやりたいのに、行動起こせない人は読むと良い。また、自分の独自性が見つからないという人にも参考になる。https://ten-navi.com/dybe/5096/ ご意見、フィードバックいただければ幸いです。