30代は専門性

やりたいことが見つからず、立ち止まってしまう人に向けて(20代へ)

Input 記事

年齢で決め打て

プロスペクト理論を引き合いに出し、損をしたくない(無駄な努力をしたくない)から、なかなか行動に出ることができないのだ、と説く。その上で、キャリアのVSOP(variety,speciality,originality,personality)を意識して、まずはなんでもやってみなさいよ、そのことが30代での専門性を深めたいと思える領域が見つかる可能性が高いぞ。という。

記事内参考:キャリアのVSOP

自分に置き換えて

読んでいて納得する。内容が自分の行動指針に影響を与えた。書き方も軽快でサクッと読めるのが心地よい。自分は幸いにも、20代で、海外留学、海外旅行、ITエンジニア、コンサル、チームリーダー、転職、プロジェクトマネジャー、中国現地採用、といろいろ経験できたので、もしかしたらバラエティーには富んでいたかも。31でこの考え方に出会ったがもっと前から知っておきたかった。そうすればもっとアクションできていただろう。それと同時に良かったのは、先日、自分の専門性を深めようと決めたばかりだったということ。何か一つを選ぶのが怖い気がしたが、選ばないまま30代を終えてしまうともっと怖い。30代では、金融業界に軸を置き、自分の専門性を深めるために、資格試験の勉強と仕事に集中するぞ、と再度気合いが入った。

おすすめの人

何となく毎日を遊んで過ごしてしまう20代、やる気がなんとなく出ない30代前半に特にオススメの記事でした。モチベーションキープの一助になります。

すぐやる脳。48時間以内を目処に行動せよ。

結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

結果を出せる脳

上記の本を読んで、印象に残った点は以下。

1.行動を抑制する脳が発達している。
人間の脳には抑制を司る部位があるため、訓練しないと、抑制脳が働き、軽やかに行動できなくなってしまうという特徴がある。

2.習慣化の秘訣
特別なことをやる、と身構えるのではなく、散歩に行くような心持ちで、すっと行動を始める。気楽にスタート。無理な時はやらない。自分の脳や体の状況を鑑みて、その日のゴールを調整する。

3.ベストエフォート方式
三日目に続かなくても、四日目から再開する方がよっぽど良い。あ、またダメだったと思う気持ちを出来るだけ短くして、すぐに再開するのでも良い。

4.セレンディピティ
偶然の巡り合いを引き寄せる力。チャンスはいつも無茶振りでやってくる。

5.最悪の状況を想定しておくことがポイント
メンタル管理として、最悪の展開を考えて起き、最悪はこうしたら良いやという逃げ道を準備しておくこと。プランBを考えることができる力をリスクに向き合う資質があると言う。

6.締め切りを設ける
終わりを決めないと、制約が生まれないのでアクションできない。

感想・意見

読んでいるとワクワクする。頑張る気持ちになる書き方で読みやすかった。本文の内容は、つまるところ、「放っておくとどんどん億劫になる」のは脳の仕組み上でもそう。というように、他本でも言及されるような仕事術が脳科学的にも有効であると裏付けているという感じ。

例えばメールは見たら、即返信するとか、目標には必ず締め切りを設けるとか。ただ、逆説的に考えれば、脳科学的にも面倒になりやすいんだから、自分が行動を起こそうと思っても億劫に感じてしまうのはしょうがない。「みんなそうなんだ!」と割り切れる。だからこそ、億劫であっても行動することが大事だ。と再認識させてくれる本。

やる気はあるんだけど、なんとなく頑張れない。いまいち続かない人向け。
あるいは、やる気が出なくて思うような行動が取れない人もこの本をヒントにすることで最初の一歩が踏み出せるかもしれない。

本の整理は心の整理

そろそろ引越しなので、改めて本棚を確認し、必要な本と捨てるものを分けた。
ビジネス書を読むのが好きなので、ジャンルはかなり幅広い。自己啓発、金融、投資、マーケティング、コーチング、起業、プロジェクトマネジメント、アプリ開発、統計学、語学、などなど。

気づきは二つ。
1. 読んでいるが、内容を覚えているものがあまりない。
2. いろんなジャンルがあるのはよいが、あちらこちらに迷っているよう。

前者については、インプットしたのみでアウトプット(活用)してないのが原因か。なお、短期記憶を司る海馬から、長期記憶に移行するためには、2週間に3回以上使うと良いらしい。次から本を読んだらサマリーする習慣とその後のアクションを意識する。後者については、いろんなジャンルがあるのはよいこと。ただし、一つのジャンルで深掘りできてないのは問題か。広く着手する一方で、ある点においては深掘りしていく。T型人間を目指そう。

今回は80冊ぐらい一気に捨てるわけだが、なんか過去の自分と別れをするようで、若干寂しい。

過去の自分が、今の自分を形成しているのだと再認識し、そして、今の自分が未来の自分を創っていると、改めて実感。日々の努力の先にしか輝かしい未来はない!

目標達成の秘訣

アリババ会長が語る

https://www.buzzfeed.com/jp/eimiyamamitsu/alibaba-jack-ma-forum

記事タイトル:就活で30社落ちた中国のアリババ会長が、ダボス会議で語った意外な成功論

明日、成功したいと思っても、それは不可能です。来年までに成功したいと思っても。しかし、10年後に勝ちたいと思っているならば、チャンスがあります。 By 马云

目標達成の秘訣

直近のやるべきことは、重要視されやすいものの、長期的な目標に対しての努力やアクションは軽視されがちだ。しかしながら、偉業を成し遂げる人や経営者は長期的な視野やそれに対する行動の大事さを知っていて、律することができている。七つの習慣にもあったが、モチベーションコントロールとは、人が嫌だと思うことを実践できるかどうか。嫌だという気持ちを強い目的意識で服従させる。に尽きる。

一つ一つの積み重ねの先にしか、成功はない。日々努力。これに乗じて、今さらながら、今年の目標を記載。

昨年の振り返り

新年になると今年のやりたいことを箇条書きにはしているものの、その時の気持ちを文章にするのはしてこなかったので今年は書き出してみようと思う。30歳になった2018年は特定の目標に向かって、継続して時間を使うことができるようになった一年だった。HSK3級とHSK4級を取得するための勉強を行なうことでこの力を身につけたと思う。これを教訓にして、30代は特定の目標を短期・中期・長期で計画し着実に行動できるようにする。そうすれば、40・50でなりたい自分になれる。目標を達成するための方法論をいろいろ読んだけれども、一番参考になったのは与沢翼の本、とにかく一つのことに短期で圧倒的に努力する。

与沢翼:金をとにかく稼ぐことに集中し、その上でやりたいことをやればいい。

見城徹:売れた本がいい本である。売れない本にいい本はない。

Jack Ma:明日には勝てない。1年後にも勝てない。でも10年後ならチャンスがある。

ということで2019年でやりたいことを整理してみる。(いつやるか、具体的な目標は何かは、随時Updateしよう、、、)

2019年の目標

1.Web デザインの勉強をしっかりする。基礎を抑えた整った画面をデザイン・コーディングできるレベルを目指す)

2.コーチングの資格を取得する。(コーチングを受ける)ある程度、出費を覚悟して資格の取得に着手する。

3.債券を購入する。まずは読書・WEBベースで知識を取得する。そして12万-20万程度で買ってみる。(目標額を決める)

4.投資信託の金額を増やす。年間12万を倍にする(要相談)→楽天銀行口座を開設する→楽天カードで投資する→国内・海外インデックスごとで10000円ずつに変更→来年頭で積み立てNISAに変更

5.FXを始める。月のお小遣いをこれで稼げるようにしたい(月5万稼げたら最高)

6.英語の勉強をする。特に書く練習が必要。またNativeの早い英語でも聞き取れるようになりたい。何かしらの資格取得を検討(TOEICでもいい)

7.ご縁野菜を収益化できるようなモデルを考える。寄付(応援)や共同購入または副収入化によるモデルをどうにか考えられないだろうか

8.リノベーターの活動に参加し、報酬をもらう。WEB制作を始め、不動産管理・購入あるいは資金調達・ビジネスモデル創出に積極的に参加する

9.子供・幼児へのプログラミング教育のサービスを考えて行動に移す。アプリ制作・カリキュラム制作・記事執筆のいずれでも構わない

10.妻の教室のWEBでのマーケティングやローカルコミニティーでのマーケティングをする。実際にどういう風に何をやるかは話し合う

11.ベンチャー企業でのアルバイトをする(開発・ディレクション)内容はなんでもいい

12.ITアーキテクチャのインフラ周りの資格取得 or 証券アナリストのような金融系の資格の学び開始

さぁ、2020年の振り返りが楽しみだ

自らの過去説明が大事:記事感想

INPUT

https://ten-navi.com/dybe/5096/

この記事を読んで、事実、感想、意見を書く

OUTPUT

CTOの肩書きと過去の成功体験を捨てて、転職。チャレンジをする事で、自分のできることを増やした。

結局、成功している人の発言は似てくる。誰でもできるはずなのに、実行できてないアクションを積み重ねたから、その人が形成される。実際のところ、本当にこの考えを明確に持って行動したかはわからないが、後から振り返って、自分を説明できる点が大事。

チャレンジをした時の恐怖心をどのように取り去るか、何故チャレンジが大切がについての記載は独特だが、わかりやすい考え方、もし新しいことはやりたいのに、行動起こせない人は読むと良い。また、自分の独自性が見つからないという人にも参考になる。https://ten-navi.com/dybe/5096/ ご意見、フィードバックいただければ幸いです。

上海生活3ヶ月経ちました。

shanghai 上海生活 海外赴任yos-blo よすぶろ yos-blog

早いもので、上海生活3ヶ月経ちました。

今回のエントリーは完全に自分のためですが、ちょっと最近の考えを書きました。
 
ブログを始めてから結構いろんな切り口で物事を考えるようになり、今までよりも自分から世の中に転がっている情報にアクセスするようになりました。
 
そんな中で、初めてソーシャルブックマークなるものの存在を知りました。

参考はてなブックマーク

とかいうやつです。結構いろんな人がいろんなことを話題にしてて結構面白いです。それはさておき、いわゆる
 
「アウトプットしようとするから、新しいインプットを探す」
 
という好循環が始まってます。ただ、やっぱこれだけで満足しがちなんですね。
本当に。実際に、なんかいろんなブログを読んでは、ネタのアイデアは浮かびますが、、やっぱり、いざ書くとなると結構手間なんですね。なんだかんだ言って、疲れたなーとかで見送っちゃうし。
 

ちなみに思いついたネタは以下。

  • 僕が英語をしゃべるようになるまで
  • 中国にいることによるメリット
  • 自分のキャリアを再考してみる
  • パソコンに近づくと打刻するアプリ作ってみた
  • 親としてプログラミングを子供にどうやって教えるか
  • IT企業を選んで良かったと思うこと
  • 海外で暮らしてみて、いいこと悪いこと
  • 中国人観光客の爆買いについて
  • Nisaで投資信託やってみた(2年で結果出てます!)
  • 本の著者にツイッターでメッセージを送ってみた。(まだやってないけど)
  • 上海生活の会社員の昼食 ランチについて
  • 上海生活の観光地が結構すごい(観光した話)
  • What other cultures influence Chinese people the most.
  • SAMSUNG Gear(Smart Watch)をいじってみた
  • 上海生活✖️嫁の友達(知り合い)がすごい件

 
これはこれで、結構書いたら面白そうだなと思うことは多いので、明日からの自分に再度はっぱをかけて、どんどん更新できるようにしたいです。なんかみたいのあったらコメントしてください。
 
ただ、今日は。
 

結果を出す努力について。と自分がやる気を出すために使った方法のシェア

 
これもやってみてわかったのですが、ブログで稼ぐのって本当に大変なんですね。。。
 

参考Google AdSense初めてみた

で登録の方法は、書きましたが、
 
「ブログで収益化できるのかー」みたいな軽い気持ちだとやっぱりプロにはなれません。
 
こちらにもありますが、

参考ブログの閲覧回数と報酬の関係

 
だいたい、一人に1ページを開いてもらうと0.5円という換算らしいです。そうか。。なるほどね。。いやいや、こんなことじゃくじけませんよ。(アウトプットアウトプット。自分のためだから。)
でもな、本当にアクセス数を稼ぐ人は相当努力しているだろうな。。
それこそ本当に46時中ずーっとやってたのかな。。と、とにかく結果を出すために見えないところで相当努力しているんだなと再認識しました。
 
まぁ、そんな気分の時にちょっとやる気にさせてくれたのが、この記事です。

参考ブログを書こうと思って書かない。

 
という話。結構有名な話らしい。これは結構面白かったんですが、ちょっと最近の自分には合わないところもあるので、参考にはしつつもドンピシャとはいかず。あとは個人的には自分をやる気にしてくれたのは、
 

この辺りの本。

  • たった一人の熱狂 見城徹
  • スーツケース起業家 ナタリーシッソン
  • 秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ 与沢翼

それぞれの作者についてはこちら

参考株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城 徹

参考スーツケース起業家 ナタリー・シッソン

参考ネオヒルズ族 与沢 翼

なかなか興味深い。個人的には読書をする目的としては、
そこで説明されている内容やノウハウを真似しようというスタンスではなく、
その人がその本に書かれている内容について、どう考えたのか、と言った観点やそれで成功した理由を慎重に読むようにしています。
 
そうすると、そのままそっくり真似するのではなくて、人生の自分なりのコツや
何かを考える時の視点が増えるような気がして、これらのビジネス書が結構好きです。
 

ちなみに上海に赴任する時に、

ちょっと面白かったのは、
本は、150冊まで非課税・250冊まで課税対象・250以上は持ち込み禁止というルール。
ちなみにアイドル系の写真集や、成人対象の書物は持ち込み禁止です。検閲で引っかかるらしい。
日本はどこまでそういう制限あるのかな。。
 
結論もなければ、オチもない内容ですが、
とにかく上に一覧にしたネタをちょっとずつ書いていこうと思います。
 
それでは、また。

アウトプットすることが大事

Sydney Harbor Bridge

2016年の最後に

2016年の最後に滑り込みで書きます。ブログを書こうとして幾度なくつまづいてきました。
数ヶ月に一回なんか書きたい!と思うものの、いざ書こうとすると書けません。今年もなんども挫折しました。
これは、「うまく書きたい」「かっこいいこと書きたい」的な見栄が邪魔して、
かつ、面倒だなぁ、という堕落したい気持ちに負けて来た結果です。
仕事でも同じようなことがあります。
本当は、これがあるべきだと思うんだけど、うまく作れないな。。
これをやっとけばいいんだけど、面倒だな。
などなど。
アジャイルやプロトタイプが大事。
短期間でいろんな人の目にさらすことで、いろいろな見解や気づきをもらうことで、
どんどん良くして行くことが出来ます。
つまり、かっこわるくてもいい、スマートじゃなくてもいい。
ただ、やろうと思ったときにすぐ行動して、
アウトプットまで出す。
これがやっぱり大事だと思う。
本屋さんに行くといろんな本に書いてあります。

すぐやる脳を育てる。

すぐやる人が成功する。

実行力。

などなど。どちらかというと、インプットだけで満足しがちな2016年。
インプットも大事なんだけど、どんどん得たもの活用しないと駄目ですよね。
キャッシュを生んでくれるものが資産です。
と、ロバートキヨサキの本にも記載がありました。
これからは自分で簡単に稼げるセカイになる。
その条件がインターネットによって、もたらさせれている。
いろんな本に書いてあります。
よし、とにかく書ききった。今年もおつかれさま。
来年もがんばろう!