アプリを公開(heroku利用)

上海生活 shanghai-life yos-blog yos-blo よすぶろ

Herokuって??

 
前回記事では、AWSを利用して自作チャット作成しましたが、
 
今回は、別の形式でWEBアプリを公開しようと思い、ちょっと調べていたところ、、今回のネタは、このサービス(https://www.heroku.com/
 

見慣れない、単語が。。。(heroku? へーろく?)

→へロクと読むそう(参考IT英語の正しい発音) 
本当に調べてみると色々なサービスがあるということを最近痛感します。
結局、自分はIT業界にいながらして、ほとんとこの辺りの勉強をサボっていたんだなと、
すみません、本当に。(ITエンジニアって言っても、ジャンルがねジャンルが・・まぁ一緒に勉強しましょう)
 

で、herokuって?

このサイトに詳しく書いてありますが、
参考【5分でわかる】herokuとは?概要や特徴をわかりやすく解説
 
要は

  1. PAAS(Plat form as service)の一つ
  2. アプリを公開するための環境構築とか、アプリのデプロイとかをすげー簡単にしてくれる、
  3. ソースコード書いて、コミットするだけ(git使える)
  4. 使える言語が多い(Node.js Java , PHP, Rails etc)し、DBも作れちゃう。

などなど、メリットいっぱい。
 
経緯的には、どうも、もともとベンチャー起業だったのがSalesforceにドカンと買われて、
対応言語が、Rubyだけだったのをどんどん拡張していっているそう。

参考なぜSalesforceはHerokuを買収したのか?

 

今回は使い方説明します

今度、ここで作成したサービス公開したいのですが、、今回は使い方説明します。さぁ動かしてみよう

参考ここ

にドキュメントが充実しているのでとりあえず、英語を読めばなんとか先に進めます。
 
今回、実行したのはこれ、もともとwordpressがPHPで動いてたので、なんか使ってみたいなと思ったからです!
 
まず結果はこれ、指定のURL以下に/yos-blogにきたら、こういうページを返してというシンプルな実装をしてます。
 
よすぶろはこちら停止中
 

さぁやってみよう。Getting Started on Heroku with PHP

概要は、必要な各種準備をして、チュートリアルに従って操作です。
 

1- 事前準備

 

2- サンプルソースでデプロイからWEB公開までをやってみる。

A.アカウントの登録

  • これはそんなに難しくないです。やるだけです。

B.PHPのインストール

  • これも難しくないです。http://www.php.net/downloads.phpこのあたりから、DLして展開するだけ
  • コマンドラインで、 php -v って打って認識されればおけです。

C.Composerのインストール

  • ・多分インストーラーから設定(https://getcomposer.org/download/)
  • するのが一番楽です。
  • ・最終的にコマンドラインで、 composer -V って打って認識されればおけです。
  • ・macだったら/usr/local/binにdownloadしてきたcomposer.pharの名前を変えて、composerとおけばいいです。

こんな感じ

D.git のインストール https://git-scm.com/

  • これもDLしてきて解凍するだけ
  • コマンドラインで、git —versionで認識されれば完了です。

 

詳細の動かし方

A.サンプルソースを落としてくる。

 

B.アプリをherokuで作成

heroku create yos-blogとすれば、自分の好きな名前のアプリ名が指定できます。
 

C.デプロイする

 

D.起動コマンドをうつ

 

E.サイトに移動

 
基本的にはここまでで動きます。で、あとはちょっとずつ中身をいじると
 

こんな感じになります。

よすぶろはこちら停止中
 
カウセイ停止中
 
ハロー十回停止中
 
本当は、ファイルの中身の説明とか書きたいのですが力尽きたので、
続きは本家を見て下さい。ここからやればいいはず。それではまた。

参考初心者でも15分で公開できるHerokuのはじめかた

参考heroku利用サービスまとめ

参考Railsもいけると。。。

参考好きな人は好き

上海生活3ヶ月経ちました。

shanghai 上海生活 海外赴任yos-blo よすぶろ yos-blog

早いもので、上海生活3ヶ月経ちました。

今回のエントリーは完全に自分のためですが、ちょっと最近の考えを書きました。
 
ブログを始めてから結構いろんな切り口で物事を考えるようになり、今までよりも自分から世の中に転がっている情報にアクセスするようになりました。
 
そんな中で、初めてソーシャルブックマークなるものの存在を知りました。

参考はてなブックマーク

とかいうやつです。結構いろんな人がいろんなことを話題にしてて結構面白いです。それはさておき、いわゆる
 
「アウトプットしようとするから、新しいインプットを探す」
 
という好循環が始まってます。ただ、やっぱこれだけで満足しがちなんですね。
本当に。実際に、なんかいろんなブログを読んでは、ネタのアイデアは浮かびますが、、やっぱり、いざ書くとなると結構手間なんですね。なんだかんだ言って、疲れたなーとかで見送っちゃうし。
 

ちなみに思いついたネタは以下。

  • 僕が英語をしゃべるようになるまで
  • 中国にいることによるメリット
  • 自分のキャリアを再考してみる
  • パソコンに近づくと打刻するアプリ作ってみた
  • 親としてプログラミングを子供にどうやって教えるか
  • IT企業を選んで良かったと思うこと
  • 海外で暮らしてみて、いいこと悪いこと
  • 中国人観光客の爆買いについて
  • Nisaで投資信託やってみた(2年で結果出てます!)
  • 本の著者にツイッターでメッセージを送ってみた。(まだやってないけど)
  • 上海生活の会社員の昼食 ランチについて
  • 上海生活の観光地が結構すごい(観光した話)
  • What other cultures influence Chinese people the most.
  • SAMSUNG Gear(Smart Watch)をいじってみた
  • 上海生活✖️嫁の友達(知り合い)がすごい件

 
これはこれで、結構書いたら面白そうだなと思うことは多いので、明日からの自分に再度はっぱをかけて、どんどん更新できるようにしたいです。なんかみたいのあったらコメントしてください。
 
ただ、今日は。
 

結果を出す努力について。と自分がやる気を出すために使った方法のシェア

 
これもやってみてわかったのですが、ブログで稼ぐのって本当に大変なんですね。。。
 

参考Google AdSense初めてみた

で登録の方法は、書きましたが、
 
「ブログで収益化できるのかー」みたいな軽い気持ちだとやっぱりプロにはなれません。
 
こちらにもありますが、

参考ブログの閲覧回数と報酬の関係

 
だいたい、一人に1ページを開いてもらうと0.5円という換算らしいです。そうか。。なるほどね。。いやいや、こんなことじゃくじけませんよ。(アウトプットアウトプット。自分のためだから。)
でもな、本当にアクセス数を稼ぐ人は相当努力しているだろうな。。
それこそ本当に46時中ずーっとやってたのかな。。と、とにかく結果を出すために見えないところで相当努力しているんだなと再認識しました。
 
まぁ、そんな気分の時にちょっとやる気にさせてくれたのが、この記事です。

参考ブログを書こうと思って書かない。

 
という話。結構有名な話らしい。これは結構面白かったんですが、ちょっと最近の自分には合わないところもあるので、参考にはしつつもドンピシャとはいかず。あとは個人的には自分をやる気にしてくれたのは、
 

この辺りの本。

  • たった一人の熱狂 見城徹
  • スーツケース起業家 ナタリーシッソン
  • 秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ 与沢翼

それぞれの作者についてはこちら

参考株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城 徹

参考スーツケース起業家 ナタリー・シッソン

参考ネオヒルズ族 与沢 翼

なかなか興味深い。個人的には読書をする目的としては、
そこで説明されている内容やノウハウを真似しようというスタンスではなく、
その人がその本に書かれている内容について、どう考えたのか、と言った観点やそれで成功した理由を慎重に読むようにしています。
 
そうすると、そのままそっくり真似するのではなくて、人生の自分なりのコツや
何かを考える時の視点が増えるような気がして、これらのビジネス書が結構好きです。
 

ちなみに上海に赴任する時に、

ちょっと面白かったのは、
本は、150冊まで非課税・250冊まで課税対象・250以上は持ち込み禁止というルール。
ちなみにアイドル系の写真集や、成人対象の書物は持ち込み禁止です。検閲で引っかかるらしい。
日本はどこまでそういう制限あるのかな。。
 
結論もなければ、オチもない内容ですが、
とにかく上に一覧にしたネタをちょっとずつ書いていこうと思います。
 
それでは、また。

What I say about living in Shanghai

shanghai life japanese english

There’s no time like now so I make a quick move.

let’s start to write what I feel now.
 

What I say about living in Shanghai

Normally there are no such a chance that I could express my feeling about living in Shanghai.
So here, Trying to express some of my thinking as Japanese worker in China.
 

What things I like China more than Japan.

This is very clear for me. In my understanding, China is always developing more and more.
You can find everywhere is under construction, and looks like there are so many spaces are undeveloped
Off course So many places are already well developed and they have shops and service as much as other countries have.and some of them is exceeding other countries also.But still, I can find so many potentials here. so that is why I like Shanghai.
 

What is most surprised me through living in Shanghai?

I am not sure that China is best for IT Expanding,
but surely lots of Chinese services are very very advanced at E-Pay system which can pay via only mobile.
For example, you can refer to this article,

referNow WeChat Lets You Gift a Starbucks Coffee to Friends

So basically you can pay everywhere by using your mobile phone even for taxi, local super markets, and restaurants.
You will lose the chance to use ATM if you once getting used to this system.
This is astonishing!! I never imagined this kind of lifestyle is existing before. I could not say Japan is more convenient than China.In future, I will try to discover more detailed cases of these.( If you come up with some questions please comment it.)
 

Wonderful transportations

In Japan, If you take a subway at least cost will be 160 Japanese yen, (it is approximately 10 Chinese yuan)
but here in Shanghai is just take 2 yuan or 3yuan also their service is quite good, it is coming every 5min and very clean and calm.
Also, city-bus is very convenient in Shanghai and cheap, so Subway is not the only possible way to go around the city.
Lastly, the taxi in China is a common way to travel around in town. I mean it is quite cheap (I feel the cost of calling a taxi is the one-fifth of the price in Japan .)
and the driver knows where to go. They don’t need to check any map or their GPS in lots of cases. Additionally, a taxi driver who is waiting at Airport they can speak some English and Japanese, unlike Japanese taxi driver. anyway, It is very comfortable to go everywhere.
 

Chinese citizen understands there are differences among persons and they are used for treating diverse.

This is kind of difficult to explain, but I will try. As a Japanese, I can say that Japanese is single nationality (races), so normally they are not used to meet ppl from different context or background.So even they met some foreigners, Normally what they do is enforce you to do the same things or offer you same contents.
but here in Shanghai, once I speak some Chinese they immediately realized that I am not a Chinese (by looking people can not tell I am Chinese or not.)Then what they do is very different. They just start to show and try to skip some of the procedure for finishing process and they look very relaxed. (If it is japan, I think Japanese staff will confuse…)
 
This is just one example, However, what I want to point out is,
naturally, they knew there are differences among ppl so they are very comfort to treat differences because there are so many races and languages even among Chinese.
 
See you for next time. I Hope it is coming soon.
Thank you for reading, if you like it please share it and comment it for me!!